どっちつかず

アニメ声優ゲームヲタに至る病の重傷者がお送りしています
<< 補充間に合ってますか | main | 翼もいでやった! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
サイクスにくすくす
KH2のサントラ聴くのが日課になってます。こんばんは。
Roxas聴いたら我慢できずに録画したビデオ序盤を見てみました。
ロクサス編、日が経つにつれいたたまれなくなってくる…可哀想すぎるよ。
夏休み終る前に幽霊屋敷の「存在してはいけないの」で泣いた。
あの曲流れるたびに鼻がツーンとします。ぐす。

以前検索かけて放浪してたらロクサス役の内山昴輝さんデータ発見!
某所にて御尊顔拝みました。アッヒャ(←グ隊長憑依中)
ちょいと気になったのが、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」の吹替えをされている
という情報。えぇっ!?気付かなかったよー。
それ以前に吹替えでまともに見たことないよー。ダメだろ。
DVD予約して買ったくせにろくに見てません。映画館で3回観賞したしな。
で、早速見たところ、おお、これが噂のオーリ少年時代だな?どれどれ。

「ウィル・ターナー…」

こんなんでわかるかー!(怒)

では前日の続き、補充おじさん後から完全ネタバレですが暇つぶしにどうぞ。
さて、じゃ再開するか(なんだそのやる気のなさは)

補充のおっちゃんを倒し、ちょっと寂しさを覚えつつ先へ進むと
キングダムハーツを前にしたゼムナスの姿が。
そこへ指示を仰ぐためにサイクスが現れ、リーダー・ゼムナスはこう言った、
「良かろう」

ぶははー!もうどう聞いてもよかろうに聞こえない!若本節補正かかってしまう!
私の耳で聞くとよかろう」なんですよ。
キャスティング担当した人、いい仕事したね。GJ!

カイリはソラとの再会を喜び、ソラに抱きつく。ソラもカイリを抱きしめる。
その後にそっと去ろうとするリクアンセムの佇まいが切ない…。
更にソラからややひねくれた感謝の言葉を述べられてしまう。泣ける。
さすがにカイリは彼を引き止めようとして腕を掴むが
「行かないで リク」という言葉を聞いたソラ達は口をあんぐり。
ドナルドのポカーンとした表情が衝撃の大きさを物語っています。

まぁ…ぶっちゃけ私もね、フード取った瞬間はきっと彼らと同じ顔だったと思うけどね。

疑うソラにカイリが声をかけ、目を閉じるとそこにはリクの姿が!
思わずガクっと膝をつきアンセムリクにしがみつき涙を流すソラ、
「リクだ リクがいる」…わかる。痛いほどわかるよその気持ち。
しばらくの間、姿はアンセムなのに声だけリクだがな。

アンセムの姿で会いたくなかったと打ち明けるリク。
どんな姿でもリクはリクだというソラ。確かにそうだ。
でもショックでメテオ唱えそうでしたけどね私は。

ソラが仲間達に向けて「最後の大暴れする?」と聞いたとき、
思わずウケたのは全世界に私だけでいいですよ。
大暴れする人がこの後に約一名存在することは忘れがたき事実。
(大暴れする人=消えろぉぉ!邪魔だぁぁ!のアイツ)

渋いお声の賢者がキングダムハーツに何かしようとしている最中、
ソラ達は【存在の証】に辿り着く。なんか切ないね存在の証って名前が。
ノーバディだからこそ名前だけでも刻みたい、みたいな。
墓標らしきものがXIII機関メンバーの分ひっそりと並んでいますが
やけに荒らされたゼクシオン、漬物なんか作ってるからだよ(※漫画COM参照)

リクがあの姿のままウロウロしてるので笑いが止まりません。すいません。

墓標らしきもののうち妖しげな光を放つものを見つけ入ってみると、
そこでXIII機関チョイ悪担当のギャンブラー・ルクソードとのバトル勃発。
あのダンディなお方、次から次へと巨大なカード飛ばしたり立てたりするわ、
上部のタイムゲージの意味さっぱりわからないわで、
途中で「ルールは理解したか?」と問われてもはぁ?と首かしげてたんですが
録画したのを見てからようやく理解できました。

左のコマンドが全て○になるように止めればいいらしいですよ。
よく見たら○と×が交互に表示されてるんだわ。へー…。
いきなり言われたってわかるわけないワー!ヽ(`Д´)ノ
案の定放心状態で突っ立ってたらサイコロにされてしまいました。酷い!
「ゲームの支配者は俺だ!」と言われああそうですねと頷きました。

ルクソードが消える瞬間の黒いもやのエフェクトが凄いですね。
というより自分が好きなだけです、あのもやもや感が。
好きは好きだけど消えるのが惜しくて仕方がないXIII機関のメンバー。
ほんと、XIII機関カップ作ってくれないかな。
あ、でもFMじゃダメか。私は日本語のあのキャストじゃないと無意味なんで。
違うキャストだったらここまで好きかどうかすら疑問。

さて、更に進むとキングダムハーツを眺めるアイツ、
そうです。遂に来てしまったよバーサーカーのサイクスとのバトル。
念のためボリューム下げて戦うことにしました。
バトル入る直前の爆風に吹き飛ばされないようにカイリを守るリクに惚れました。
どんな姿でもリクはリクですよ。

今回は2周目だったから余裕があったのか単にウケただけなのか、
終始ニヤニヤしながらプレイしてたような私はサイクス以上に危険人物です。
だっておかしいよあの人。邪魔だぁぁ!消えろぉぉ!の連呼で爆笑。
「全てを見せるがいい!」と言ったあと更に動きが人間離れするサイクスさん、
当初のキャラ設定って冷静な性格だったんじゃないのかい。
まぁ自分の武器で攻撃されるくらいだからな。なんとも。

おそらくその冷静なキャラというのが仇になったのか、
叫んでも妙にテンション低めをキープしてるのが逆に面白いんですが!
やたら声が高くなるとかはなく、常に抑え気味に「邪魔だぁぁ!」。
ある意味こっちのほうがらしくて怖い。

危険人物を倒したあと、リクからロクサスのことを知らされるソラ。
ロクサスが組織から抜け出したのはソラに会いたかったからだと言われ、
「俺も会いたいな」と言うソラ。

ん?ちょっと待て。

お前さん摩天楼んとこで戦ってたじゃないかい!

あぁそうか。
もしかして、あの時点ではまだロクサスだということを知らなかったから
今こうしてロクサスのことを知らされても会ってないと思ってる、
だとしたら…うわっ、物凄く切ないんじゃないこれ…
だって会ってても知らなかったんだよね、あれがロクサスだったってことに。
やばい、急に泣きツボ入った…。あの場面であのBGM(Roxas)はダメだ。

(つづく)


予想以上に思い入れが強かったらしく今日も終らないプレイ日記orz
次回こそ最後になります。きっと、きっと。

先ほどレベル上げ済ませてセフィロスに再度挑んでみました。
レベル上げって素晴らしいね!テキトーにやっててもかなりHP削れるよ。
まぁそんなことは誰でも気付くことなんですけれど、
どう頑張って粘っても残り4本というところで力尽きていたのが
まさか全ゲージ綺麗に削ることができるとは!!

しかしまさかトドメさせずに逆転負けを喫すとは!!!
おおぉ…もうなんていうか、埋まりたい…_| ̄|○
MPチャージ中だしエリクサー切れるしどうしろっちゅうねん!(怒)
気を取り直して明日再度がんばります。
| 香凛 | KH2 | 23:24 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:24 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ