どっちつかず

アニメ声優ゲームヲタに至る病の重傷者がお送りしています
<< サイクスにくすくす | main | 手短に経過報告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
翼もいでやった!
昨日セフィロス戦でようやくHPゼロだーと浮かれてたら
肝心なフィニッシュが決められず逆転負けを喫した痛い思い出を払拭すべく
がんばりました。私がんばりました。

セフィロスの翼もいでやったぜ!

やったよーわははわははー(理性故障中)
人間やればできるんですね。久しぶりに努力の大切さを噛み締めました。
予習復習が大事と初めに言った人に勲章を差し上げたい。

ということで、
今回はセフィロスとの闘いを洗いざらい恥さらしレポート致します。
まずは昨日の敗因をチェック。同じ過ちは犯さない。
最後にトドメを刺すための余力だけは最低限蓄えなければということで、
ずっと装備していた【チャージバーサク】のアビリティを外してみた。
これを付けている限り、MPチャージ中にコンボで大ダメージを与えられるが
なんとフィニッシュ技が出せなくなるという痛いリスク付き。
まぁ昨日戦ってる時点できれいさっぱり忘れていたんですがねハハハ!

…orz

とりあえず敗因ひとつ発見。
あとは昨日外していた【エアドッジ】を再度付けてみる。
何が変わるわけでもないと思うがとりあえず気持ちが楽になった、気がする…。

アビリティは【コンボリーヴ】も【ラストリーヴ】もあるのでオッケー。
問題は自分の腕だ。生かすも殺すも腕次第というわけですね。
実に単純でわかりやすい!なのに上手くいかないこのもどかしさ。ぐわぁぁ!
できることならビーストみたいにハートレス蹴散らしたい!

戦略で負けた原因はわかってる。だからその逆をやってみた。
HPゲージもあまり気にしないでとりあえず戦ってみた。
今日1回目だしまぁ負けたらまた繰り返し挑戦してやると気楽に挑んだら…

なーんか勝ちましたけど。勝ちましたけど!?

うっそ〜ん!ありえない、何がありえないかって…
あれだけ苦労してといっても計十数回しかバトル挑んだことないけど
今日たった一回目のプレイにしていきなりやっちまったってことがですよ。
なんなんだ?寝てる間に修行でもしてたのか私は。
予想外のあっさりした展開に拍子抜けしました。なんか気持ち悪い。

前回の敗因を教訓にしてがんばってしまいました。
とりあえず距離をとりすぎていたために居合い攻撃が多くて苦労したので
できるだけ近くをキープ、その後隙があればすかさずダッシュで攻撃、
空中に上げられた時は□ボタンで反撃してダメージ蓄積させました。
セフィロスが「調子の乗るな」と言う台詞を吐く中盤からの黒い玉は
ショートカット設定しておいたリフレガで弾き返すのがベストですね。
弾いた時の音が好きなだけです。

そう、ショートカットと言えば、昨日せっかくエリクサー6個持たせたのに
ショートカットにハイポーション入れてるの気付いた時はさすがに泣いた。
ボタン押して反応なくて、え?ちょっとなんで?と嘆いてたら、
なんとわたくし、装備してないアイテムをショートカット設定してましたよ。
アホですね。HP数本減らして没しましたけど。

「心無い天使」は詠唱さえ止めればなんとかなるだろうと思い
森川さんの声が聞こえた瞬間ダッシュかけて止めに入りました。
昨日負けた理由のひとつは詠唱止められずことごとく食らってたからで、
エリクサーいくつあっても足りなかったのは当たり前。
ちなみに今日は3個使用した模様。一回間違えて無駄に使った…。

でも炎の柱が上がる所はとりあえず吸い込まれないように
浮いて逃げつつ、微妙に近づきつつ攻撃のチャンスを虎視眈々と狙う。
炎が消えた瞬間すかさず飛び込んでボコにしました。

終盤体力が少なくなってくると奴はメテオをこれでもかと放ってきましたが
テキトーに浮いて左右に逃げてひたすら耐える我慢の時間。
それが終ったらさて反撃だー!追いかけて追いかけられて鬼ごっこ♪
やたら恐ろしい鬼ごっこですよ。あいつはホントに鬼だよ!
「俺が怖いか?」と何度も言うのでその度に「怖いわー!」と
心の中で泣き喚いていたことは今だから言える。

あとは動きが速くなろうとも基本操作は一緒だし
とにかく反撃すること、詠唱を止めること、回復は適度にすることに徹し、
【チャージバーサク】を外していたお陰でフィニッシュが無事決まり
念願のセフィロス撃破と相成りました。ワーワー。

はっきり言って疲れました。が、かなり楽しかったです。クセになります。
その後も懲りずにロードし直して戦いましたがさすがに負けました。
でも毎回残1本までHP減らせるようになりました。すごい進歩!

さて、倒したあとはセフィロスがクラウドを呼んで来いと偉そうに言うので
はいはい仕方ないわね〜と商店街に佇むクラウドの元へ向かう。
ってかクラウドよ!お前さん自分からセフィロス探す探す散々言ってるくせに
自分から探しに行く気ないんかいと小1時間…。

その後クラウドがようやく重い腰を上げたので
こちらもヘタレクラウドのことを伝えに再びセフィロスのいる闇の淵へ。
話しかけると先ほど姿を消したクラウドが血相を変えて現れた。
もっと早く来いよバカタレ!お陰でこっちが戦うハメになったじゃないかー。
(※愛ゆえに暴言)

2人の間に因縁の重苦しい空気が纏い、激しく戦い始める。
そこに本編中単なる怖い怪力お姉ちゃんとしてソラ達をびびらせた
FFヒロインの一角、ティファが登場。クラウドを追ってきたらしい。
ここまで執着されると結構おそろしい。

クラウドなんて簡単に壁登ってますね。人間離れしてる人多過ぎですから。
そのうち空中で剣を交えた二人はどこかへ消えていった…
その場に残されたのはティファとソラ達。
ティファがクラウドをまた探す気マンマンで凄い女だと(私が)怯えていたら、
ソラに何か手渡した。どうやらこれが噂の【フェンリル】らしい。
形は思いきりただの鍵、ですね。その辺に落ちてても気付かなそうです。
いやそれはないだろ。

ということで、幾度の苦難を乗り越え無事セフィロスを倒しました。
でも直前のデータが残ってるのでいつでも再戦可能だし
いっそレベル最大まで上げてまた滅多打ちにしてやろうか。
ちなみに今回飽きるまでレベル上げようと思って挑んだ結果、
80台をとうに越し、Lv90での挑戦となりました。
攻撃力高いし防御力も上がってるから感動してしまったよ。

武器はアルテマウェポン。アクセサリーは適当。
グロウアビリティは全てONで駆使しました。グライド素敵!
意味もなくグライドするのが好きなので闇の淵に向かう途中の大渓谷にて
敵を一体も倒さずにス〜っと飛んで通過するのが密かな楽しみ。

セフィロス終ったしそろそろDCFF7再開しなければ。
| 香凛 | KH2 | 23:58 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:58 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ