どっちつかず

アニメ声優ゲームヲタに至る病の重傷者がお送りしています
<< あとちょっとでルパンに逢える | main | もう終盤か >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
FF12はじめました
昨日早速セブンに受け取りに行ったファイナルファンタジー12ですが
あれやこれやと忙しく、開始したのは午後…早起きするって言ったのに!
挙句の果てに夕方まで長時間プレイしていたら初めてゲームで酔った模様…
晩御飯作らなきゃいけないのに頭クラクラするし嫌〜な浮遊感でした。
あのダージュでさえなんともなかったのにな。くそぅ。

まずOPムービーから。
ファミ通?で読んだ崎元氏インタビューによればこのOPの中で
FFシリーズ恒例のメインテーマとかプレリュードを使ったという話だったので
どれどれとディスクを入れてみたら…あらホントだ。感動…。
OPムービーで迂闊にも涙出てきたのはFF史上初でしたよ。
コンポーザーが植松師匠じゃなかったから聞けないだろうと思ってただけに
感動もひとしおだったんじゃないかと自己分析してみました。

では、ここから少しずつスローテンポなネタバレを。今回はビュエルバ前まで。
まずはとめどなく流れるムービーを見て、ほほぅと溜息をつく。
しばらくすると、いきなり操作をするハメに。うおっ、まだ心の準備が汗
バッシュにレクチャーされ操作法を覚えていくのだが、
肝心な操作するキャラはレックスというやや気弱そうな青年。
レックスって誰…?(※のちに謎が解ける)

とりあえずレックスを操作。始めこそは仲間と一緒にバトルしてたのに
お先にどうぞ!みたいにバッシュ達に促して、まさかの1対3バトルに!
おおおおお、ちょーっと待て。お前さんまだ弱いだろうがぁぁぁ、
と焦ったのも束の間、意外と強いこの子は圧勝でした。
しかしその後レックス没す。あの〜、もしかして登場時間これだけですか?
あまりの短さにKH2のロクサスほどの思い入れもできませんがな。

【王都ラバナスタ】
場所が変わると、本作の主人公ヴァンを操作できるようになった。
声を聞いた瞬間何とも言えない気分になりましたがorz
序盤何かをお世話になるミゲロさんが結構お気に入り。

街では話せる人の頭上にマークが出てるから一目でわかるんだけど
それを良い事に全員と話したりしてるからなかなか先に進まないんだよ己は。
モグの小ささがかわいくて軽くストーキングしてみたヨ☆(帰れ)

砂海亭とか言う店に行くとトマジという青年がモブ情報を教えてくれたので
そのまま砂漠に「はぐれトマト」を討伐しに強制的に向かわされた。
一回倒してそのあと逃げるヤツを仕留めようとでしゃばりすぎたら
ウルフ複数に囲まれ早くもゲームオーバー。弱過ぎだよヴァン。

その後、【ダウンタウン】にてダランじっちゃんと喋ったあと
太陽石を求め、はるばる草原まで単身向かうことに。
じっちゃんよ、さっきトマト如きに負けたのに一人で行かせるのか。

【ギーザ草原】の途中に集落を見つけ一息入れようとしたら
ガールフレンド(というには意外とサバサバした娘)のパンネロと再会。
臆することなく一緒に戦うとついて来ます。相当肝据わってます。

私は昔から巨体と状態変化起こす敵は大の苦手なもんで
今回もパンネロが勝手にバトル応戦しててあわわわと焦ったけど
戦ってみたら思ったほど強くなくて助かった草原の道のりですが、
気付いたらパンネロ倒れてて一人で戦うハメになりました。おぉい!汗

太陽石のために、ジンというクソガキいたいけな少年を探しに向かい
命からがら逃げて帰って来た激弱ヴァンとパンネロ。
集落の人に「お前では敵わないから逃げろ」と言われた敵にまんまと見つかり
集団リンチにて呆気なく没したのは言うまでもなく。

無事目的を果たしたあとは【ガラムサイズ水路】へ。
ああいう薄暗い澱んだ雰囲気のダンジョンが苦手だって言ってるのに
スクエニさんはこれでもかと遠慮なく出してきますね。いじめか?
適当に敵をあしらいつつ進むとラバナスタ王宮内部に潜入できたー。

忍び込めたものの、さすがは王宮。警備が厳しい。
点在する警備兵を□ボタンで誘導しながらなんとか奥へ進めたが
はじめは見つかってばかりなのに、慣れるとおいかけっこみたいで
案外楽しかったかもしれない。もうやりたくないけど。
でも、呼ぶ時に「ちょっと来てくれよ」は困った感じなのでまぁいいとして
潜入してる身として「おーい、こっちこっち」ってどうなの。

先へ進んで宝物庫に着くとお宝発見。
すると、すぐにバルフレアとフランが登場。わー、やっと来た!
このコンビ、お兄さんお姉さんコンビっぽくて頼もしくとても素敵です。
ただの贔屓です。

そんな2人と城を脱出するハメになり、辿り着いたのはさっきの水路。
もうやだって言ったのに…でもアダルト2人が頼もしいのでよし。
ヴァンがちんたらしてるうちに背後から敵倒してるからよし(仕事しろ)

途中、アマリアという女性に出会う。まぁアマリアというかアーs(ry
兵士に追われているようなので3人+アマリアで応戦するが
なんか強いんですけどねーこのおなご。怖いんですけども。
「おまえ」と言うヴァンに対し、その言い方やめてという強気な娘です。

そのまま進むとセーブクリスタルが。うわー嫌な予感…と思ったら
見事的中、変な馬みたいなヤツ(ブッシュファイア)とのボス戦に突入。
途中いななくと毒属性攻撃を仕掛けてきたのでせっせと毒消し使ったけど
何度もやられるうちに面倒になって、ええいもうこのまま戦ってやれ!と
回復だけして戦い続けてたら勝った。毒消し節約しました。
ブリザド習得してないのを気付いたけどあとの祭。

気付いたら城の地下牢に閉じ込められていた一行。
囚人を支配する偉そうなやつがいたので素手で応戦することになったが
魔法が使えるので結構ラクだったように思います。
前々からトレーラー見て気になってた「ブタ野郎」の台詞が出てきたので
うほほーいとテンション急上昇。まぁあれはブタですな。
それにしても平田さんのキャラが今作では空賊でブタ野郎、
ワンピでは海賊でクソ野郎っていうこのシンクロ率はもはや神の域。

ガヤガヤと騒いでいると、威厳のオーラを漂わせてジャッジがお目見え。
ジャッジかっこいいよジャッジ。声は(大塚)明夫さんですよ。
ジャッジ達の後をつけていくと、檻に捕えられたバッシュの姿が。
バッシュの言い分にキレたヴァン、場所をわきまえずにバルさんに咎められる。
敵の気配を察知したフランが行動を起こす。ほんといいコンビだ。

【バルハイム地下道】を通って外への脱出を試みるメンバーに
なんか薄汚い乞食みたいな人がついてくるんですが。
実は他でもないバッシュなのだが囚われてたせいで上半身裸、髭ボーボー、
できることなら一緒に歩きたくないくらいの風貌なんだけど
逆にこの小汚いビジュアルのおかげでちょっとだけバッシュ好きになりました。
将軍と呼ばれたお人がこの有様かと思ったらなんだか憎めなくなったらしいよ。

先へバッテリーミミックを倒しつつ進むとミミッククィーンとのボス戦に。
相変わらずの薄汚いルックスを晒しながらも善戦するバッシュに泣けた、
突撃しすぎて真っ先に没していくのも泣けた…。
将軍様、こちとら回復大変なんで少しくらい空気読んで下さい。

地下道を抜け、地上に出た一行は砂漠を通り抜けることに。
ちょっとずつレベル上がってたのでザコはすぐ倒せるようになって安心。
【ラバナスタ】へ戻り、一度パーティ解散すると
バッシュはようやく本来のさっぱりした姿に変身。よかったよかった。
砂海亭に行くとバルフレアとフランが一息入れているのが垣間見れる。
やっぱり好きだなこの二人。

そして、この2人とバッシュを加え【空中都市ビュエルバ】へ向かうことに。
飛空挺ターミナルからバルフレアの飛空挺に乗り込むのだが、
整備係のモーグリたちがかわいいのなんのって!
なにあれ、欲しい、一人でいいから欲しい…。
バルフレアの仕草がムダにカッコイイよ。んー、たまらん。

ということで、早くも新FFの世界にどっぷりです。
今日もスローテンポに3D酔いしない程度にがんばります。
| 香凛 | FF12 | 16:43 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:43 | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ